フォト
2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« Capture One PRO5.2のLCC機能 | トップページ | Summicron f=5cm 1:2 沈胴 »

2010年10月11日 (月)

Alfa Romeo 75 Twin Spark

ときどきブログ名の"alfa75"に反応される方がいらっしゃる。

若い頃(ン十年前)にこのイタリア車に乗っていたことがある。

比較的短期間しか乗らなかったのだが、とても思い出深く、いまだに思い出す車。

まだフィルム全盛の頃だったので、愛用のCONTAX Tで何枚か撮影した写真があったのだが、ネガが長らく見あたらなくなっていた。

でも急に見たくなっていてもたってもいられない感じになったので、家中探しまくり、やっとみつけました。

NikonのCoolscan 5000EDで富士フイルムリアラをscanしました。ソフトはSilverFastです。1992年2月に撮影した写真なので、かれこれ18年前ということになりますね。

Untitled1as_2 CONTAX T + Coolscan 5000ED

Untitled4as_2 CONTAX T + Coolscan 5000ED

Untitled5as_2 CONTAX T + Coolscan 5000ED

Untitled8s_2 CONTAX T + Coolscan 5000ED

Untitled11s_3 CONTAX T + Coolscan 5000ED

そうそう、このあと都内は大雪になったんです。

懐かしいなぁ・・・

« Capture One PRO5.2のLCC機能 | トップページ | Summicron f=5cm 1:2 沈胴 »

」カテゴリの記事

コメント

突然のコメント失礼致します。
この度、初ライカとしてTyp240を発注しまして、情報を集めようとネットをウロチョロしていたところ、こちらに流れ着きました。

ふと、ブログタイトルを見ると「alfa75」の文字!!
そして赤いロメオが!!
といいますのは、私は今から23年前、芝浦の大沢商会で赤いツインスパークを購入して、3年ぐらい乗っていました。

ロメオ最後の純血FR車。いいクルマでした。途中でディーラーの倒産というトホホなアクシデントもありましたが、とても楽しいクルマでした。
初めて乗る人には、絶対ウインドーを開けられないクルマでしたね(笑)

それから月日は流れ、もう最近ではラテンの車には乗っていませんが、なぜかとても懐かしく、若かった当時が蘇ってきました。

それで思い余ってコメントさせていただきました。

これからも度々、寄らして頂いてライカについて勉強させていただきます。
どうもありがとうございました。

追伸:私のメアドを見てください(笑)


shin様
はじめまして。コメントありがとうございます。同じくらいの年代でしょうかね。私も大沢自動車でしたよ。75は当時の一般的な車と文法が全く違ってましたね。まああのデザインの理由は開発費がなかったあげくの苦肉の策だったかもしれないけど、腰高なベルトライン、変な位置のパワーウィンドスイッチやおかもち式のパーキングブレーキ、ダブルクラッチしないと入りにくいシフト、変な位置の室内灯に冬のすきま風など、とっても懐かしい。シートは適度に柔らかくって座り心地よかったっすね!メーター指針もかっこよかった。やっぱ若い頃に買った赤いイタリア車はお互い記憶に深くきざまれているようですね~。

Typ240も非常にいいカメラです。私は発表された昨年10月頃予約して7月に納品でしたけど、今なら生産も安定したのでもっと早く来ると思います。M8,M9と来て240ですが、240は掛け値なしに今までで最高のデジタルライカです。国産機では決してでない濃い色がずばっと出ますので、お楽しみにしてください~。

またカメラの話もできることを願っております。ありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/559028/49713018

この記事へのトラックバック一覧です: Alfa Romeo 75 Twin Spark:

« Capture One PRO5.2のLCC機能 | トップページ | Summicron f=5cm 1:2 沈胴 »