フォト
2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« シグマ dp quattro | トップページ | マクロレンズの代わりにDP3 Merrill »

2014年2月15日 (土)

ソニー α6000

Top2_588x

ソニーのα6000。

NEX-6の後継的位置づけで、NEX6のマグネシウムからプラスチックボディにコストダウンされたが、OLEDファインダーは継続して搭載、新規に画面のほぼ全面をカバーのオンチップ位相差センサーを備える。
α5000やα7/7Rのように指がつりそうな位置にシャッターボタンがあるのではなく通常のグリップ上部についているので、普通に使いやすい操作感だ。ホントα7/7Rってカメラを使いもしないアホなデザイナーが馬鹿な位置にレイアウトした感じだ。あのシャッターだけで画竜点睛を欠くことおびただしいと思う。

α6000は、CP+でさわったがAF感が非常にサイバーである。CanonのEOS70Dなどより遙かにイメージに近い出来だと思えた。ピントあった所が緑色の小さい四角多数で表示されるが、フォーカスロックした状態でアングルを動かすと、被写体の動きに合わせて、合焦部の四角が流れるようにピントの合った場所を表示する。

おそろしく高速感がある。AFしながら11コマ撮影というのも十分頷ける。これはもう一眼レフのAFを超えてるのかもしれない。

価格はNEX6より安くなりそうなので、こちらも楽しみだ。

Img_1849_300x


« シグマ dp quattro | トップページ | マクロレンズの代わりにDP3 Merrill »

コメント

マウントアダプタを介してライカMレンズを装着して、α7Rを使ってます。今のところ、人差し指でシャッターボタンを押してます。でも親指で押せば、指つらないです。

親指シャッターですか。そりゃすごいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/559028/59133211

この記事へのトラックバック一覧です: ソニー α6000:

« シグマ dp quattro | トップページ | マクロレンズの代わりにDP3 Merrill »