フォト
2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

2014年2月15日 (土)

ソニー α6000

Top2_588x

ソニーのα6000。

NEX-6の後継的位置づけで、NEX6のマグネシウムからプラスチックボディにコストダウンされたが、OLEDファインダーは継続して搭載、新規に画面のほぼ全面をカバーのオンチップ位相差センサーを備える。
α5000やα7/7Rのように指がつりそうな位置にシャッターボタンがあるのではなく通常のグリップ上部についているので、普通に使いやすい操作感だ。ホントα7/7Rってカメラを使いもしないアホなデザイナーが馬鹿な位置にレイアウトした感じだ。あのシャッターだけで画竜点睛を欠くことおびただしいと思う。

α6000は、CP+でさわったがAF感が非常にサイバーである。CanonのEOS70Dなどより遙かにイメージに近い出来だと思えた。ピントあった所が緑色の小さい四角多数で表示されるが、フォーカスロックした状態でアングルを動かすと、被写体の動きに合わせて、合焦部の四角が流れるようにピントの合った場所を表示する。

おそろしく高速感がある。AFしながら11コマ撮影というのも十分頷ける。これはもう一眼レフのAFを超えてるのかもしれない。

価格はNEX6より安くなりそうなので、こちらも楽しみだ。

Img_1849_300x


シグマ dp quattro

03


シグマがdp quattroを発表した。CP+にも展示があったので見てきた。

・実物は想像よりかなり大きく見える。特に幅が広く見える
・モニターが小さく見える(グリップより向こうにあるのが効いている)
・思ったほど薄くは見えない。やや薄いコンデジより厚い程なので。
・全体的にはとてもかっこいいデザインで、メリルに比べると高級感は圧倒的にアップした。

メリルのセンサーは15MP x 3色 = 合計 45MPであったが、
クアトロのセンサーは 上層 20MP、中層 5MP、下層5MP = 合計30MPである。

つまり、画素数はメリル世代より減っている。特徴は、

・画素数減少でレスポンスアップ
・輝度情報は上層のBでとるが、メリルの15MPから20MPに画素数アップ
  →画素数3割アップ、水平解像度15%程度アップ
・色情報は中層(G)、下層(R)でとるが画素数が15MPから5MPにダウンし、
  画素ピッチダウンによりノイズ減少。

とのこと。

まあでもそううまくいくとは思えない。上層の15MPはB信号をとる層である。
正確には上層(RGB)から中層(RG)を引き算し、Bを得る。
・上層は15Mだが中層は5Mなので、15M分まるまるの解像度は無理。
・B信号で輝度を得るのは非合理的(人間の目はGの比視感度がBの10倍高いため)

また、GやRの信号も画素数の異なる層からの演算になるので、従来メリルでは原理的に出なかった色モアレが出る可能性もある。

そもそも、総画素数が45Mから30Mに減って進化と言えるのかどうかは不明である。

まだサンプルは出てなく、実機は夏頃発売予定とのことだ。
楽しみではあるが、今の内にメリルを捕獲すべきかどうか悩むところだ。

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »